便秘の原因は腸にあり?

普段便通はいいほうなのに、時々2日くらい便秘になることがあります。

少し気になったので腸についてネットで調べて見ました。

便秘になるメカニズムは以下のとおり。

1.食べ物が胃や小腸で消化され、栄養分が吸収される。
2.胃や小腸で吸収されなかった栄養分は、大腸で吸収される。10時間ほどかけてゆっくり、だそうです。
3.徐々に水分が腸に吸収されて、液状から固形になっていく。
4.腸の働きが弱いと、この動きがさらにゆっくりになり、水分が吸収されすぎて便が硬くなってしまう。
5.硬くなった便は大腸内を移動しにくくなり、結果詰まってしまう。これが便秘!

なるほど、腸が正常に働いてるかがポイントなんですね。

そういえば、最近腸エステとか腸サロンっていう言葉を耳にするけど、これはお通じにもかなり効果を期待できそうな感じしますね!

腸もみなららここ

どんなことするのか興味あり!

今度行ってみようかな。。。?

ペットを飼ったことはありますか?

ペットの写真スタジオをお探しならここ

ホームセンターのペット館でお買い物しました。
売られているネコ数の多いことにびっくりして
イヌの倍はいたと思われます。
ちょっと前はイヌが多かったのですが。。。
そして、お値段の高さにまたびっくりしました。
最高値の598,000円(税込)でした。
おしゃれなショップならまだしも、ホームセンターでこの価格です。
”ネコブーム”が到来しているのかもしれませんね。
その高額なネコをお買い求めではなくて写真をとってなくなく帰りました。

現役バレエ講師がレッスン前にやっているストレッチ

私がレッスン前に行っているストレッチは、レッスンをしているときに突っ張っているところや、動かしにくいところがないように、ほぐしています。
まずは足首、ここはバレエやる上でとても大切ですね。詰まっているとドゥミポアントやタンデュがとてもやりにくいです。
次に股関節周りです。
付け根を縮める動きが沢山ありますので、お尻や、腰を重点的にストレッチしています。
ここが硬くなってしまうと股関節にも影響が出てきてしまうので、常日頃から意識してストレッチしてあげると良いと思います。
次は肩周りと首です。
肩が固まっているとアームスがとても使いにくくなってしまいます。
そして首も固まっていると自然と肩に力が入ってしまいます。
そして、腿の裏側、ハムストリングスもしっかりストレッチしています。
私が欠かさないのは、足首、ハムストリングス、股関節周り(お尻や腰)、肩関節や首を必ずほぐすようにしています。

バレエストレッチ教室ならここ

コーチングとは?

コーチングとは、何か知っていますか?
スポーツなどで選手を教える人を「コーチ」と言いますが、それとは少し違うようです。私にはあまりなじみのない言葉です。コーチングとは何か、調べてみました。

 

NLPスクール

 

コーチングとは、人が本来もっている能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、自ら考えさせ、行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すコミュニケーションサポートだそうです。

その人自身が考えて答えを出せるような質問をしたり、そういった考え方や思いをもつことを承認したり、積極的に相手の話を聴く等、たくさんのスキルを使って、その人が望む目標をより早く、より多く達成できるようサポートするということです。
スポーツなどのコーチのイメージからは意外ですが、上から「教える」のではなく、自分で考えて行動するためのサポートをすることのようです。

低気圧とヨガ

最近けだるくてけだるくてと思っていたら、

それは低気圧配置のせいとききました。

副交感神経が優位になりすぎて、

リラックスと言うよりはお休みモードに身体がなってしまうと。

これは大変。

ジメジメしているのに肌寒かったりして

やる気なんかどこかにうせがちな今日この頃。

gf01a201502020900

これにはヨガが効くみたい?

深い呼吸とそれに連動して身体を動かすと

内側から熱が作れて、このうつうつとした感覚とは

さよならできるみたいです。

横浜ならココのスタジオは少人数制で、丁寧に見てもらえます。

さらに代謝も上がってお尻も上がって元気になれる。

雨の音を聞きながらのヨガとかいいかもしれませんね♪

引き寄せの法則とは

最近ちまたで「引き寄せの法則」という言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか。

簡単に言うと、思考は現実になる、という話です。

しかし、そんな馬鹿な、と思っていらっしゃるかたも多いのではないでしょうか。

では、どうやったら、自分の思い通りに人生が進にんでいくのでしょうか。

考えていることが、行動につながり、行動が結果につながり、結果が人生を作っていきます。

すなわち、人生を変えるのにはまず自分自身に対する考えを変えなきゃいけません。

そこで、どうしても自分を変えたいのに変えられないという方にオススメなのが
このNLPというスキルです。

15年前から日本で広がり始めたコーチングというスキルのさらに上を行く根本を直していくスキルになります。

格安で受けられるのはここだけです!

真剣に学べば、人生が思い通りに動き出すことも夢ではないです。

ぜひホームページを覗いてみてくださいね!

どうしても痩せたい方へ

どうしても痩せたいと思っているあなたへ。
でもそれは本気ですか?

あるダイエットカウンセリング会社でのことですが、

※そこにはお医者さんもいるので、あえてお客さまではなく、患者さんと呼びますが、

患者さんは3つのタイプに分かれるそうです。

1.自らの意思がはっきりして自分でダイエットカウンセリングに来た人
2.自らの意思は弱いけれど、自分でダイエットカウンセリングに来た人
3.家族に連れて来られた人。
成功する確率は

1=90%以上
2=50%以上
3=かぎりなく0%

だそうです。
つまり自分の意思がない状況ではどうすることもできません。

いくらダイエットに最適なプランを作ってもらっても、実行するのは自分です。

家族に無理やり連れて来られた人は、実行するはずがないですよね。
要するに、ダイエットで必要なのは方法論ではなく、覚悟や意思です。

それさえあれば、ほぼ100%といって良い位成功します。

ダイエットに失敗する唯一の理由は、何度もいっている通り、

『継続しなかった』からです。

10万通り以上あるといわれるダイエット方法ですが、途中で止めるから痩せません。

ダイエット教室で体重を減らしながら健康な生活へ

もちろん粗悪な方法もあるでしょう。

しかし人間が痩せるメカニズムは決まっているのですから、
正しい知識と正しいプランを作成すれば、

ほとんどの人は痩せます。

痩せないのは、そのプランを実行しなかった、ただそれだけです。
しかし、実は続けることは非常に困難なのです。

皆さんも経験ありませんか?三日坊主で終わった経験。
なぜ続かないのか?

それは、行動の原動力をモチベーションにしているからです。
初日:今日はカロリーを気にしてチョコは食べないようにしよう。
2日目:今日も甘いものはなし。カロリーも気にしよう
3日目:ちょっと、甘いものが恋しくなってきた。あ、ちょうど●●さんからお土産の和菓子がおすそ分けで回ってきた。ちょっとくらい良いだろう。2日も我慢したし。食べてしまおう。
ああ、おいしい。やっぱりダイエットなんて気持ちがふさがることはやめよう。
4日目:気にせず、チョコを食べよう。おいしい!やっぱりこれを止めるなんてありえない。ダイエット止めよう。

行動原因をモチベーション任せにすると、今日はする、今日はしない、

という風に行動のばらつきが目立ちます。
そして段々とやらない方向にもっていかれます。

それを防ぐ方法は1つ。

行動の理由をモチベーション任せにしないこと。

それです。

ではどうすればよいか?

モチベーションに関わらず行動できればよいと思いませんか?
例えば、改札で定期を出すことにあなたのモチベーションは必要ですか?

車がビュンビュン飛び交っている道路で青信号まで待つことにモチベーションは必要ですか?

必要ないですよね?
定期券を出さないと改札がくぐれないという状況、環境にいれば、出さざるを得ない。

青まで待たないと車に惹かれてしまう状況・環境では誰でも、じれったくても待たざるを得ない。
誰もがほとんど100%に近い人が、環境という大きな要因を前にした場合、それを行えるのです。

では、ダイエットにおいて環境を利用して継続することができないでしょうか。

答えは、できます!
ダイエット、または物事を続けるのには大きく分けて2つの方法があります。
1つは自分でそれが続く環境作りをする。
例えば、定期券を1つ先の駅から買う。

そのように買ってしまったら、電車代がもったいないか1つ先の駅まで歩こう、

ということになるわけです。

電車代くらいだったら負けてしまうということであれば、駅まで徒歩10分のところに住む、

というのも手です。

同僚におすそ分けをあらかじめ断っておいて、回ってこないようにする
というのもありかもしれません。

2つ目は他人に頼る

もっとも有効なのがダイエットジムやダイエットカウンセリングを利用することです。

ある程度、お金がかかるので、一度払ったらもったいないから週に1度は必ず通うことになるはずです。

その都度、食事チェックや運動を半ば強制的にすることになります。
本人にとってみたら、「週に1回、ダイエットジムやダイエットカウンセリングに行く」だけで

痩せられるという自動メカニズムが手に入るわけです。

私がダイエットカウンセリングだからという状況は無視しても、

1の自分でできる人はとっくにダイエットを卒業しています。

できない人は、2の方法を取って下さい。

継続が苦手な人は継続した経験が少ないという人も多いです。

ダイエットジムやダイエットカウンセリングは身一つで行くだけですから、
ウェア忘れた!とか●●がないからいけない!ということになりません。

もっともハードルが低い状態で

『無理やりダイエットを継続する』

という状況が手に入ります。
自分は意志が弱い、という方はこの2のやり方をお勧めします。

ダイエット中、間食は何を食べるべきか

ダイエット中、間食は何を食べるべきか?

ダイエットしているときの間食ほど、ダイエットを邪魔するものはありません。

間食を摂れば余計なカロリーが増えるのでいつまでたっても体重は減りません。

ダイエットカウンセリングを受けて楽しくダイエット

しかし、カウンセリングにくる多くの方が間食をしています。

だからと言って、
それをいきなりやめてください、といのうは実は今までずっと間食をしてきた人にとっては難しい課題になります。

ではどうすればよいか?

私がいつもお勧めしているのは、甘いものからそうでないものへのシフトです。

具体的に言うと、チョコやグミ、クッキー、あめ等、炭水化物系の間食をいつも食べている人がいたとしたら、

それを主にたんぱく質に変えてもらうのです。

お仕事をしていて、回りにコンビニしかない状態の方が比較的多いので、コンビニでも購入できる炭水化物以外のおやつに変えてもらっています。

コンビニで買える炭水化物以外のおやつは、裂けるチーズ、ナッツ、から揚げ、するめなどをお勧めしています。

ただ、これらは万能ではありません。

あくまで、いつも間食をしていて、かつ甘いものを食べていた方へのお勧めおやつです。

甘いものを摂るよりは、まだ脂を摂ってもらう方がマシという考えの下にから揚げをいれています。

甘いものを摂り続けていれば、糖分のエネルギーを多く保持していることになります。

ダイエットを成功させるには、糖から摂取したエネルギーと脂肪として持っているエネルギーのうち、糖エネルギーを消費させ、すっからかんにして、脂肪エネルギーを必ず使わないといけない状況を作ることが大切です。

実はこのことを理解せず、やみくもに運動をしてカロリーを消費すればいつか脂肪がなくなるだろうという考えを持っている人が多いです。

カロリー消費だけの運動はあまり意味がありません。

それよりも筋肉をつける運動=筋トレが有効です。

このように想像してみてください。

昼食を抜いた人が、夕食前に頑張って頑張って運動して200kcalカロリーを消費したとします。

しかし、運動前にはコンビニで買った100円ほどのチョコ1袋を食べていたとします。

チョコのカロリーは250kcalだったとします。

夕食前運動を続けてついに1ヶ月経ちました。

この方、体重は減ったでしょうか。

そう、ほとんど減ってないことが想像つくと思います。

運動で消費したカロリーは運動前に摂取したチョコの糖のカロリーです。

まずは、糖のエネルギーをその日に使い切ることが大切です。

そのため、エネルギーになりにくたんぱく質を、炭水化物の代わりに食べることが重要となってきます。

ただ、上述の食べ物のうち、
ナッツは塩分が多いのがネックです。

むくみの原因になりますので、できればナッツを食べた日の夕食は野菜を食べてカリウムを摂取してほしいです。

塩分であるナトリウムはカリウムと一緒になると水になって排出されます。

ダンスの練習場所について

ダンスの練習ってすればするほどおくが深いですよね。
家で練習したり、公園で練習したり。
ただやっぱり、自分で練習するにも限度があります。

そこで、東京スカイツリー駅に激安のスタジオをみつけてしまいました!

ここだったら、ダンスやヨガ、バレエ、フラダンス、ベリーダンス、武術などの練習にも最適ですね。

周りにはスカイツリーや浅草などもあってとてもよい雰囲気です。

横浜の心理学が学べる教室

心理学といえば「大学などで学ぶもの」というイメージが強く、習い事として習えることをご存じでない方が多いと思います。

まだポピュラーな習い事ではないですが、心理学を趣味として学ぶことができる教室があります。

「心理学ってどんな場面で使えるの?」という疑問をよく耳にしますが、日常生活の中で心理学を利用できる場面は意外とあります。

たとえば達成したいことがある場合、それを周りの人に言うだけで成功率が上がるというのを聞いたことがあります。

心理学が学べて資格も取得出来る

言うことによって「失敗できない」と自らプレッシャーと掛けることによって「絶対に成功させる」と無意識に思うようになるそうです。

また心理学は初対面の人でも生じるそうで、心理学を今までまったく知らなかった私が興味を持ったのは「ハロー効果」というものです。

ある対象を評価するときにひとつ目立った特徴があると対象のイメージがその特徴に引きずられて事実とは異なった印象を受けることです。

有名大学を出ていたりスポーツに優れている人と会った場合、その情報だけで人格的にも優れていると判断してしまうことです。

CMで芸能人自身がその商品を使用したことがないにもかかわらず、出演しているだけでその商品のイメージが良くなるのもハロー効果です。

またCMに出ている芸能人が不祥事を起こしたとき、商品自体には何も不満がなくてもその商品が嫌いになってしまうというのもあります。

心理学と聞くと難しいものと思ってしまいがちですが、実はこんな簡単なことから始めることができます。